ミュゼ岡山

自己処理脱毛のトラブル・注意点

ムダ毛、その名の通り女性には出来れば全くないことが望ましいものですよね。
自宅で、自己処理脱毛をする場合、注意するべき点がたくさんあり、トラブルも生まれてきてしまいます。
注意点とトラブルについて、記しておきたいと思います。

脱毛自己処理のトラブルには注意が必要

自己処理で脱毛する場合、脱毛器や毛抜きを使うでしょう。
下準備や後処理を全くしないで脱毛してしまうと、肌トラブルが頻繁に・たくさん、起こってしまいます。

何もしないで脱毛すると、毛穴が無理に引っ張られボコッと開いてしまいます。
すると、トラブルを招きます。


  • 毛穴の炎症

  • 傷となり跡が残る

  • にきびのようになる

  • 赤みがおさまらない

  • 色素沈着



脱毛器も毛抜きも、毛を引っ張って毛穴から抜くので、ダメージは計り知れません。

脱毛トラブルを回避するお肌ケア


さて、このようなトラブルを招かないためにも、自己処理脱毛をするのであれば、下準備と後処理をしっかりしていきましょう。
まず、下準備です。
肌をしっかりとやわらかくする必要があります。
お風呂や、あたたかいお湯にしばらく脱毛箇所をひたしましょう。
その後、まず保湿をしていきます。
ボディクリームや、化粧水・乳液を塗りこみ、お肌の表面を保護します。
そして、脱毛用に新たに上からクリームなどを塗ります。

しばらく置いて、お肌に馴染んだら、いざ脱毛に取り掛かります。
脱毛が終わったら、また先ほどのように、しっかりと保湿していきましょう。
刺激の無いアルコールフリーなどの化粧水から馴染ませると、良いと思います。

顔にしてあげるスキンケアと同じように、丁寧に優しくパッティングし、乳液やクリームで落ち着かせましょう。
保湿してあげると、毛穴も炎症を起こすことなく、毛穴周りがふっくらし、大きなトラブルにはならないと思います。
脱毛後は、日焼けしないようにも注意しましょう。
紫外線はトラブルの元です。

おうちでの自己処理脱毛、気をつけるところはしっかりと気をつけてあげて、ムダ毛とさよならしていきましょうね。