ミュゼ岡山

脱毛のお手入れをする時には保湿ケアを忘れずに

脱毛の施術を行った後のお肌はとてもデリケートな状態となっています。
水分不足の状態でもあるので、化粧水などで水分を補うなど保湿ケアをしっかりと行いましょう。

では、脱毛後はなぜ保湿ケアが必要なでしょう。
それは、脱毛によってお肌に負担がかかっている状態でもあり、その状態の時に外部からの刺激を受けてしまうと痒みなどの炎症を起こしてしまいます。

その刺激などによる肌トラブルからお肌を守るためにも保湿ケアが大切なのです。
また、お肌に十分な水分があることでお肌も瑞々しくなってトラブル回避にもつながりますし、ムダ毛が抜けやすくなるというメリットもあります。
このことからもわかるように、エステサロンで脱毛を行う時にも事前に保湿ケアを行っていますよね。

全身脱毛後はバイオイルでお手入れ
妊娠線(ストレッチマーク)対策やニキビ跡のケアとして「バイオイル」をご存じの方も多いのではないでしょうか。
バイオイルは角質層深部までしみこむ保湿美容液として、世界17カ国で愛されているロングセラー美容液です。世界で愛されるバイオイルの人気の秘密はニキビ跡やアトピーの傷跡、妊娠線などのお悩みを改善してくれると口コミでも評判が高い、その成分。

ピュアセリンオイルという12年の研究から生まれたエモリント成分やビタミン(抗酸化成分)などの植物エキスが配合されています。このピュアセリンオイルがスムーズに有効成分を角質まで届けてくれるので、ニキビ跡や妊娠線を改善する効果が期待できるのです。

全身脱毛のアフターケアーですが日焼けに気をつけることが大切です。全身脱毛はお肌に負荷を与えるため日焼けをすることによって、そのまま色素沈着をしてしまうことがあります。全身脱毛後は日焼けクリームや日焼け止めローションを使い紫外線からお肌を守ることが大切です。

全身脱毛後にエステサロンでは脱毛後のアフターケアーとして、高額なローションを購入させられることがあります。全身脱毛後にエステサロンで購入したローションは清涼感を感じさせる程度でさほど効果は期待できないでしょう。全身脱毛後に肌の炎症やトラブルが起こったときは医療機関で処方される薬であれば効果が期待できます。

全身脱毛後はぬるま湯であればシャワーを使い体をあらうことができます。全身脱毛後は肌に赤みが出来ることもあります。全身脱毛後は出来るだけ、安静にして体に休息を与えましょう。全身脱毛後のむだ毛の処理はレーザー脱毛照射後1週間は控えましょう。